痛風の治療には食事療法が用いられる事もある

男の人

食生活を改善する

足

プリン体を多く摂取してしまうことで、痛風になるリスクは高くなります。改善または予防をするならば食事を変えていくことが必要です。食事による方法ならばすぐに始められますが、ある程度好きなものを食べられるようにしておかないと、続けることが難しくなります。

More Detail

足に激痛が走る病気

男性

痛風は、血液中の尿酸値が高くなることで起こる、足部分の激痛です。アルコールや肉食の食生活が大きく関係しているといわれます。医師による治療とともに、生活習慣の見直しをすることが重要ですが、血流を良くして、尿酸を排出しやすい成分を配合するサプリメントの併用も人気があります。

More Detail

高尿酸値の食生活の改善

料理

プリン体の制限が重要です

痛風は、薬を服することで苦痛を管理することが可能ですが、基本から正常化することを考えれば尿酸の成分となるプリン体をたくさん含有されている食べ物を摂り入れないようにするという食事制限療法が重要になります。凄まじい痛みに見舞われる痛風発作が発症しているケースになると、身体の中のプリン体を僅かであろうと減らさなければいけないことから、プリン体がたくさんある食料品を差し控えることが必要不可欠です。 まず第一に、食事から肉体に取り込むプリン体のボリュームを軽減することとそして、身体の中に摂り入れてしまったプリン体を効果的に尿と併せて排泄やり易くするということがあげられます。そうすることによって、尿酸値が下がります。

様々な工夫が大切です

プリン体がたくさん加わっている食事は控えるともに、暴飲暴食に留意しましょう。また、食事に含有されているプリン体は溶け易い特質があるので、一回食品を茹でこぼしてから調理をすることが大切です。 これにより、肉類もしくは魚類はプリン体は言うまでもなく、余った脂も低減させることができ、シェイプアップにも実用的です。痛風の原因の尿酸はアルカリ性に溶ける特質があることから、野菜などのアルカリ性の食品を最優先に摂り込み、尿をアルカリ性に保持するようにすると良いいでしょう。また、塩の過剰摂取は、痛風の合併症とされる糖尿病であったり高血圧症そして、動脈硬化などに結び付く懸念があるので、薄味にして、塩を一日あたり10g以下にしましょう。

激しい痛みの原因とは

男性

関節に激しい痛みを引き起こす疾患を痛風と言います。体内に尿酸が増えることで発症します。ホルモンの影響から、女性に起こることはほとんど無く、発症者の9割以上が男性になります。痛風を予防するためには、プリン体の摂取を控えるのが最も効果的です。

More Detail